出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 中世、蔵人所 (くろうどどころ) の職員。殿上 (てんじょう) に伺候し、御膳や宿直の任に当たった。こうじん。

  1. 門跡や諸大寺に仕えた妻帯・僧形の衆。素絹 (そけん) ・白袴をつけ、帯刀した。侍法師 (さむらいぼうし) 。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉