出典:デジタル大辞泉(小学館)

業風 (ごうふう) 」に同じ。

「かの地獄の―なりとも、かばかりにこそはとぞおぼゆる」〈方丈記