出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かみのきみ」の音変化》国守・左右衛門督・左右兵衛督・左右馬頭などを敬っていう語。こうのとの。かんのきみ。

「まことは、この―の、御文女房に奉り給ふ」〈・浮舟〉