出典:デジタル大辞泉(小学館)

[?~1351]南北朝時代の武将。武蔵守。法名、道常。足利尊氏 (あしかがたかうじ) の執事として南朝軍と戦い、大功をあげた。のち、尊氏の弟直義 (ただよし) と対立、直義を追って一時実権を掌握したが、まもなく殺された。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉