出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 梅の一品種。濃い桃色の花が咲く。 春》「―の落花燃ゆらむ馬の糞/蕪村

  1. 濃い桃色。紅梅色。

  1. 襲 (かさね) の色目の名。表は紅色、裏は紫または蘇芳 (すおう) 色。春に用いる。

  1. 織り色の名。紫色の縦糸と紅色の横糸とで織ったもの。

源氏物語第43巻の巻名。薫大将、24歳。柏木の弟、按察 (あぜち) 大納言の子女たちの身の上と、薫と匂宮 (におうみや) とのかかわりを描く。

出典:青空文庫

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[春/植物]の季語