出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]かうば・し[シク]《「かぐわしい」の音変化》
  1. よい香りがする。多く、食物を煎 (い) ったり焼いたりしたときの、好ましい香りにいう。「―・いほうじ茶の香り」

  1. 見た目や印象などがすばらしい。りっぱである。

    1. 「薄色の衣のいみじう―・しきをとらせたりければ」〈宇治拾遺・一二〉

  1. 望ましく思う。心が引かれる。

    1. 「姿、みめありさま、―・しくなつかしきこと限りなし」〈宇治拾遺・六〉

[派生]こうばしさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース