出典:デジタル大辞泉(小学館)

律令制で、親王の一品 (いっぽん) 以下、臣下の五位以上の国家に功労のあった者に与えられた封戸 (ふご) 。大功・上功・中功・下功の四等からなり、子孫への相続の差があった。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉