出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸末期、朝廷幕府とが一致して外敵の難を処理し、同時に幕府の体制の立て直しを図ろうとした構想。大老井伊直弼 (いいなおすけ) の死後、老中安藤信正らが主張、和宮 (かずのみや) 降嫁が実現したが、のち、戊辰 (ぼしん) 戦争で討幕派に圧倒された。