出典:デジタル大辞泉(小学館)

安政元年(1854)江戸幕府が旗本御家人に、剣術・槍術 (そうじゅつ) ・砲術などを講習させるために設けた武道場。初め築地鉄砲洲 (てっぽうず) に設けられ、のちに神田小川町に移る。慶応2年(1866)陸軍所の設置に伴って廃止。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉