出典:デジタル大辞泉(小学館)

antiplasmins》血液中で血餅 (けっぺい) を溶かす働きをするプラスミンに拮抗する薬剤。出血性の病気や手術の出血を抑えるのに使用される。