出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かがふり」の音変化》

  1. 束帯衣冠の装束のとき、頭にかぶるもの。→冠 (かんむり) 

  1. 男子が成年に達して、初めて冠をつけること。また、その儀式。元服。初冠 (ういこうぶり) 。

  1. 《古くは冠の色で位を表したところから》位。位階。

    1. 「官 (つかさ) ―も、わが子を見奉らでは、何かはせむ」〈竹取

  1. 《多く「得」「賜ふ」が付いた形で用いられる》従五位下に叙せられること。叙爵。

    1. 「蔵人より今年―得たるなりけり」〈・若紫〉

  1. 年爵 (ねんしゃく) 」に同じ。

    1. 「御賜 (たうば) りの年官 (つかさ) ―」〈・少女〉