こうぶん‐いん〔‐ヰン〕【弘文院】 の意味

  1. 平安前期の和気 (わけ) 氏の教育施設。延暦年間(782~806)に、大学に学ぶ一族の子弟を勉学・寄宿させるために設立。