出典:デジタル大辞泉(小学館)

兵庫県南東部の市。県庁所在地。指定都市大阪湾に臨む。古代、大輪田泊 (おおわだのとまり) として知られ、のち、平清盛が改修して兵庫津 (ひょうごのつ) とよばれた。慶応3年(1867)の開港後、国際港として急速に発展。阪神工業地帯の一中心。平成7年(1995)阪神・淡路大震災の被害を受けた。名称は生田 (いくた) 神社の神戸 (かんべ) に由来。人口154.5万(2010)。

[補説]神戸市の9区
北区須磨区垂水区中央区長田区灘区西区東灘区兵庫区