出典:デジタル大辞泉(小学館)

《毛の先の意》ごくわずかなこと。下に打消しの語を伴って用いられる。「彼の文章には毫末の誤りもない」

出典:青空文庫