出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国の宗教結社道院の通称。中華民国初期、山東の洪解空が儒・仏・道・キリスト・イスラムの五教同源を説き道院を設立、全中国に教勢を拡張。1922年には紅卍字会を設立、貧民救済・施薬施療などの社会事業を行い、一時は日本の大本 (おおもと) 教とも提携した。