出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Virūpākṣaの訳。音写は毘留羅叉・毘婁博叉》四天王の一。十六善神の一。西方にあって仏法を守護する。悪人を罰して仏心を起こさせることをつかさどる。像はふつう、甲冑 (かっちゅう) をつけ、筆と巻物を持つ姿に表される。西方天。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉