出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「かわほり」の音変化》

  1. 翼手目の哺乳類の総称。前あしおよびその指が著しく発達し、これらと胴・後あし・尾との間にうすい飛膜が張って翼を形成する。視覚は鈍いが、声帯から超音波を発して、その反響を聞きながら障害物との距離をはかり、鳥のように飛び回る。夜行性。昼間は、後あしにある5本の指の鋭いかぎ状の爪で、木や岩などにぶら下がる。名は、蚊をよく捕食するところから、蚊屠 (かほふ) りと呼ばれたのが語源。アブラコウモリキクガシラコウモリオオコウモリなど約950種が世界に分布。かくいどり。かわほり。 夏》「―やひるも灯ともす楽屋口/荷風

  1. 《鳥かけものか区別しにくいところから》態度のはっきりしない者。状況次第で有利な側についたりする者をののしっていう語。

  1. こうもり傘」の略。

[補説]作品名別項。→こうもり