出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. あれはてた野原。あれの。あらの。

  1. 開発されていない土地。平安末から中世にかけて開墾・開発が奨励され、その開発地の、租税・雑役は免除された。