出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. あぶら・ろうで薬を練り合わせた外用剤。皮膚に塗ったり、紙片または布片に塗ったものを患部にはりつけたりして用いる。軟膏と硬膏があり、ふつう硬膏をいう。

  1. 漢方薬の濃い煎液に砂糖などを加え、あめ状にした内服薬。