出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、紺屋に課された冥加金 (みょうがきん) 。藍瓶 (あいがめ) の個数に応じて課されたので藍瓶役ともいう。こんややく。