ごう‐よく〔ガウ‐〕【強欲/強×慾】 の意味

  1. [名・形動]非常に欲が深いこと。また、そのさま。「―な高利貸し」「―非道」
  1. [派生]ごうよくさ[名]
  • 名詞
  • ごう‐よく〔ガウ‐〕【強欲/強×慾】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・しかし人間の強欲をもってするも地は永久に殺すことのできるものではありません。

      内村鑑三「デンマルク国の話」

    • ・・・だいたい、このろくろ首いうもんは、苦界に沈められている女から始まったことで、なんせ昔は雇主が強欲で、ろくろく女子に物を食べさしよれへん。

      織田作之助「秋深き」

    • ・・・はデパートに勤めているが、父親が強慾でしばしば芸者にされようとしていた。

      織田作之助「大阪発見」