• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こう‐らく〔カウ‐〕【行楽】例文一覧 7件

  1. ・・・僕の姉の水絵の具を行楽の子女の衣服だの草木の花だのになすってくれる。唯それ等の画中の人物はいずれも狐の顔をしていた。 僕の母の死んだのは僕の十一の秋である。それは病の為よりも衰弱の為に死んだのであろう。その死の前後の記憶だけは割り合には・・・<芥川竜之介「点鬼簿」青空文庫>
  2. ・・・ 小春日和の日曜とて、青山の通りは人出多く、大空は澄み渡り、風は砂を立てぬほどに吹き、人々行楽に忙がしい時、不幸の男よ、自分は夢地を辿る心地で外を歩いた。自分は今もこの時を思いだすと、東京なる都会を悪む心を起さずにはいられないのである。・・・<国木田独歩「酒中日記」青空文庫>
  3. ・・・人と遊ぶときでも、敢然と、割勘を主張して、ひそかに軽蔑を買っている様子である。人と行楽を共にする場合でも、決して他人の切符までは、買ってあげない。自分ひとりの切符を、さっさと買ってすましている。下駄ひとつ買うのにも、ひとつきまえから、研究し・・・<太宰治「春の盗賊」青空文庫>
  4. ・・・京中都人士ガ行楽ノ地、実ニ此ヲ以テ最第一トナス。」 上野の桜は都下の桜花の中最早く花をつけるものだと言われている。飛鳥山隅田堤御殿山等の桜はいずれも上野につぐものである。之を小西湖佳話について見るに、「東台ノ一山処トシテ桜樹ナラザルハ無・・・<永井荷風「上野」青空文庫>
  5. ・・・それは年年秋月与二春花一 〔年年 秋の月と春の花と行楽何知鬢欲レ華   行楽して何ぞ知らん鬢華らんと欲するを隔レ水唯開川口店   水を隔てて唯だ開く川口の店背レ空鎖葛西家   を背にして空しく鎖す葛西の家紅裙翠黛人終・・・<永井荷風「向嶋」青空文庫>
  6. ・・・不品行にして狡猾なる奴輩は、己が獣行を勝手にせんとして流石に内君の不平を憚り、乃ち策を案じて頻りに其歓心を買い其機嫌を取らんとし、衣裳万端その望に任せて之を得せしめ、芝居見物、温泉旅行、春風秋月四時の行楽、一として意の如くならざるものなけれ・・・<福沢諭吉「女大学評論」青空文庫>
  7. ・・・古文古歌固より高尚にして妙味ある可しと雖も、之を弄ぶは唯是れ一種の行楽事にして、直に取て以て人生居家の実際に利用す可らず。之を喩えば音楽、茶の湯、挿花の風流を台所に試みて無益なるが如し。然かのみならず古文古歌の故事は往々浮華に流れて物理の思・・・<福沢諭吉「新女大学」青空文庫>