出典:デジタル大辞泉(小学館)

染め色の名。黄色みがかった茶色。黄櫨 (はぜ) の樹皮と蘇芳 (すおう) の心材の煎汁に、灰汁 (あく) ・酢などを混ぜて染めたもの。嵯峨天皇以来、天皇の袍 (ほう) に用いられる。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉