出典:デジタル大辞泉(小学館)

室町時代に流行した、曲舞 (くせまい) 系統の簡単な舞を伴う語り物。南北朝時代の武将桃井直常 (もものいなおつね) の孫、幸若丸直詮が始めたと伝える。題材は軍記物が多く、戦国武将が愛好した。現在は福岡県みやま市瀬高町大江に残存。舞。舞々。