出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「蘊」は、梵skandhaの訳。五つの積集の意》仏語。存在を構成する五つの要素。すなわち、物質的、身体的なものとしての色蘊 (しきうん) 、感覚作用としての受蘊、表象作用としての想蘊、意志・欲求などの心作用としての行蘊 (ぎょううん) 、対象を識別する作用としての識蘊。五陰 (ごおん) 。