出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ア下一][文]こ・ゆ[ヤ下二]
  1. 人や動物のからだによく肉がついて、太る。からだつきがふっくらとする。「丸々と―・えた子犬」「―・えて脂ののった秋鯖」⇔やせる

  1. 地味が豊かになる。「―・えた土地」⇔やせる

  1. 経験を重ねて、物事のよい悪いなどを感じ分ける力が豊かになる。「口が―・えている」「目が―・える」

  1. 資産などが増えて大きくなる。「特需景気で―・えた企業」

出典:青空文庫