出典:デジタル大辞泉(小学館)

半翅 (はんし) 目コオイムシ科の昆虫。田・池沼などにすみ、体は扁平 (へんぺい) で楕円形、暗黄褐色で、タガメに似るが、より小形。初夏に雌は雄の背に多数の卵を産みつけ、雄はそれが孵化 (ふか) するまでの約12日間背につけたままでいる。 夏》