出典:デジタル大辞泉(小学館)

明代後期に中国南部で作られた三彩陶器。純粋の三彩と、文様を粘土の細い線で縁どり、その内外に釉 (うわぐすり) を充塡 (じゅうてん) したものとがある。茶人の間で特にその香合が珍重された。交趾から舶載されたことからの名称。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉