出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 直翅 (ちょくし) 目コオロギ科の昆虫の総称。草の間や石の下などにすみ、体色は褐色。体はやや平たく、頭部は大きく、触角が長い。雄は前翅 (まえばね) に発音器をもち、こすり合わせて鳴く。オカメコオロギエンマコオロギツヅレサセコオロギなど。古くは「きりぎりす」といった。 秋》「―や路銀にかへる小短冊/犀星

  1. 古く、秋に鳴く虫の総称。

    1. 「夕月夜 (ゆふづくよ) 心もしのに白露の置くこの庭に―鳴くも」〈・一五五二〉

[生物/動物名]カテゴリの言葉

[秋/動物]の季語