出典:デジタル大辞泉(小学館)

英国イングランド南西部の地域。美しい景観と穏やかな気候から、保養地として有名。かつては鉱業が盛んで、主に銅と錫 (すず) が採掘され、特に18~19世紀には英国産業革命の一翼を担った。鉱山技術の革新をもたらしたビームエンジンやエンジンハウスを用いた採掘方式は、この地で始められ、その後世界に普及したといわれている。これらの鉱山跡や鉱業に関する施設からなる景観は、2006年に「コーンウォールとウェストデボンの鉱山景観」として世界遺産(文化遺産)に登録された。