出典:デジタル大辞泉(小学館)

茨城県西端の市。室町時代、古河公方 (くぼう) が根拠とした地。江戸時代は小笠原・土井氏らの城下町、日光街道の宿場町。現在は電気機器・機械などの工業が発達。平成17年(2005)9月に総和町・三和町と合併。人口14.3万(2010)。

[地理/日本地名/関東]カテゴリの言葉