出典:デジタル大辞泉(小学館)

5月5日の端午の節句に、男の子の成長を祝って立てるのぼり。江戸初期から行われ、初め武者絵などを描いたが、後に鯉の滝登りの絵柄が流行、今日の鯉のぼりになった。さつきのぼり。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉