ご‐かん【御感】 の意味

  1. ぎょかん(御感)」に同じ。
    • 「上皇―の余りに内の昇殿を許さる」〈平家・一〉
  1. 中世、戦功を賞して主君などが与える賞状。御感の御書 (ごしょ) 。
  • 名詞