出典:デジタル大辞泉(小学館)

きょぎ(虚偽)」に同じ。

「今までの―、本心にかへって、仏の道に入れ」〈浮・一代女・六〉