出典:デジタル大辞泉(小学館)

ウリ科の蔓性 (つるせい) の一年草。暖地の水辺に生え、茎は長さ約2メートルになり、巻きひげで他に絡みつく。葉は三角形で先が長くとがる。秋、黄色い小花を多数開く。実は緑色の卵形で、熟すと上半分がふたのように取れて種子が出る。合子草。よめのわん。

[生物/植物名]カテゴリの言葉