出典:デジタル大辞泉(小学館)

「我思う、ゆえに我あり」と訳される。すべての仮構的権威を排したあとで、絶対に疑いえない確実な真理として、考える我という主体の存在を提起したもの。デカルトの言葉。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉