出典:デジタル大辞泉(小学館)

有島武郎 (ありしまたけお) の長編小説。大正8年(1919)刊。自我に目覚めた女、早月葉子 (さつきようこ) が、旧弊な周囲に反抗して奔放に生き、ついに自滅する姿を描く。