出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国古代の学説で、自然も人間・社会も、の五つの元素の一定の循環法則に従って変化するという説。木・火・土・金・水の各元素が順々に次の元素を生み出してゆくとする五行相生 (そうせい) 説と、木・土・水・火・金の各元素がそれぞれ次の元素にうち克ってゆくとする五行相克 (そうこく) 説とがある。→五行