出典:デジタル大辞泉(小学館)

最初の勅撰和歌集八代集の第一。20巻。延喜5年(905)の醍醐天皇の命により、紀貫之 (きのつらゆき) 紀友則 (きのとものり) 凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) 壬生忠岑 (みぶのただみね) が撰し、同13年ころ成立。六歌仙・撰者らの歌約1100首を収め、仮名序真名序が添えられている。歌風は、雄健でおおらかな万葉集に比べ、優美・繊細で理知的。古今集。