出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]
  1. いちばん上等であること。また、そのものやそのさま。最良。極上。

    1. 「甘露煮にするにはこの位が―だアな」〈花袋田舎教師

  1. (多く「の」を伴って)程度がはなはだしいこと。

    1. 「この和尚様と大の仲よしで、…―の懇意であったから」〈蘆花思出の記

  1. ひき茶の銘柄「極揃 (ごくぞろえ) 」の略。精選された極上の宇治茶のこと。

[副]普通の程度をはるかに越えているさま。きわめて。非常に。「極親しい間柄」