出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 何もない空間。大空。「虚空に消える」「虚空にのぼる」

  1. 仏語。何も妨げるものがなく、すべてのものの存在する場所としての空間。

[名・形動ナリ]
  1. 事実にもとづかないこと。また、そのさま。架空。

    1. 「―仮設の人物」〈逍遥小説神髄

  1. とりとめがないこと。また、そのさま。漠然。

    1. 「―なることを申す者かな」〈幸若・夜討曽我

  1. 思慮分別がないさま。むやみ。やたら。

    1. 「―におやぢが煮え返る」〈浮・禁短気・三〉