こくご‐しんぎかい〔‐シンギクワイ〕【国語審議会】 の意味

  1. 文部大臣の諮問に応じて、国語の改善、国語教育の振興、ローマ字に関する事項などを調査・審議し、また、国語政策について必要と認められる事項を政府に建議した機関。委員は各界の学識経験者の中から選ばれ、文部大臣が任命。昭和9年(1934)設置、同24年改組、平成13年(2001)廃止。→文化審議会