出典:デジタル大辞泉(小学館)

各種の単位系に分かれたメートル法の単位を整理し、基本単位補助単位組み立て単位、およびこれらの倍数・分数の単位を一つにまとめた単位系。1960年の国際度量衡総会で採択。メートル(長さ)・キログラム(質量)・(時間)・アンペア電流)・ケルビン(温度)・カンデラ光度)・モル物質量)の七つを基本単位にとり、ラジアン平面角)・ステラジアン立体角)を補助単位とする。日本では平成4年(1992)以降、3~7年の猶予期間を経て順次施行。SI(Système International d'Unités)。SI単位系。


[補説]SI接頭語(SI単位の10の倍量・分量を表す接頭辞)
SI接頭語記号乗数
ヨタ(yotta)Y1024
ゼタ(zetta)Z1021
エクサ(exa)E1018
ペタ(peta)P1015
テラ(tera)T1012
ギガ(giga)G109
メガ(mega)M106
キロ(kilo)k103
ヘクト(hecto)h102
デカ(deca)da10
デシ(déci)d10-1
センチ(centi)c10-2
ミリ(milli)m10-3
マイクロ(micro)μ10-6
ナノ(nano/nanno)n10-9
ピコ(pico)p10-12
フェムト(femto)f10-15
アト(atto)a10-18
ゼプト(zepto)z10-21
ヨクト(yocto)y10-24