出典:デジタル大辞泉(小学館)

昭和52年(1977)に厚生省(現厚生労働省)が定義した、ラッサ熱マールブルグ病エボラ出血熱の3疾患。現在これらの疾患は、感染症予防法の1類感染症、検疫法の検疫感染症に指定されている。