出典:デジタル大辞泉(小学館)

塩基性アミノ酸の一。たんぱく質、特に魚類の精核を構成するプロタミンに多く含まれ、生合成される。オルニチン回路の重要な一員で、酵素アルギナーゼの作用によってオルニチンと尿素とに分解される。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉