出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 律令制で、中央から派遣され、諸国の政務をつかさどった地方官。その役所を国衙 (こくが) といい、守 (かみ) ・介 (すけ) ・掾 (じょう) ・目 (さかん) の四等官のほか、その下に史生 (ししょう) などの職員がある。くにのつかさ。国宰。

  1. 特に、国司の長官をいう。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉