出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 奈良時代の僧の職名。大宝令により、諸国に置かれ、僧尼の監督、経典の講義、国家の祈祷 (きとう) などに当たった。のちに講師 (こうじ) と改称。

  1. 天皇に仏法を説き伝える法師。

  1. 禅宗をはじめ律宗・浄土宗の高僧に、朝廷から贈られた称号。「夢窓国師」

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫