出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代、京都にあった朝廷の穀物倉庫。畿内諸国の調銭や、無主の位田職田 (しきでん) 没官 (もっかん) 田などの米穀を納めておいて、年間の供応の食料、貧民救済、学問料に充てた。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉