出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]和歌で、漕ぐ舟の縁から、「浮く」「乗る」「帆」「音立つ」「寄す」などの語を導く序詞の一部となる。
  • 「思ふこと跡なき波に―浮き沈みても恋ひ渡るかな」〈新千載・恋二〉