ごくらく‐ちょう〔‐テウ〕【極楽鳥】 の意味

  • ごくらく‐ちょう〔‐テウ〕【極楽鳥】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・実は椰子の聳えたり、極楽鳥の囀ったりする、美しい天然の楽土だった。

      芥川竜之介「桃太郎」

    • ・・・しかるにまた、献身、謙譲、義侠のふうをてらい、鳳凰、極楽鳥の秀抜、華麗を装わむとするの情、この市に住むものたちより激しきはないのである。

      太宰治「もの思う葦」